エラ削りを行う理由は顔を小さく見せる

顔を小さくする方法としてはいくつかありますが、根本的に小さくする方法としては、エラ削りというものがあります。エ […]

顔を小さくする方法としてはいくつかありますが、根本的に小さくする方法としては、エラ削りというものがあります。エラというのは頬骨のところで、角張っている骨が肌を押し出している影響で、顔を大きく見せる現象が起きています。また、エラの部分の筋肉が発達しているため、エラが張ったような状態になることもありますが、骨が原因ということもあります。骨が原因の場合は、このエラ削りを行うと解消することが出来ます。治療法としては、美容整形の手術によって行われます。メスを傷が残らない程度に入れ、そこから削り取っていく方法が取られています。ほとんどは入院せず日帰りで帰る事ができ、すぐに効果を発揮することが出来ます。また、気になる点があればすぐに医師に相談することも大切で、自分の美のために手抜きをしないことが術後も必要です。

エラ削りで小顔を目指して

骨の影響により、何らかの形で美容に影響が出ているケースがあります。代表格は頬辺りのエラ骨です。エラは誰にでもありますが、生まれつき骨が角ばった状態だと、表に骨が張り出してしまい、それが顔を大きく見せることになってしまいます。しかし、骨は自分ではどうしようもできません。骨を小さくするのはまず無理だからです。このエラ骨を撤去するには、今はエラ削りという方法が取られるのが一般的です。エラ削りは医師の手によって行われ、麻酔を打った後にメスを入れ、そこから骨を取り出していきます。後遺症はほとんどなく、もしあったとしても医師に相談して解消することが出来ます。また、根本的な問題だったエラを取り出すことにより、顔が張らずに小顔になることが出来ます。コンプレックスも解消出来るため、自分自身の小顔のためにもお勧めです。

エラ削りってイメージが変わります。

エラが張った顔は、それだけで頑固で我の強いイメージになり、さらには顔が大きいという印象を与えがちになります。そこで、悩んでいる人は、エラの骨を削り、すっきりとした優しい顔立ちにする人増えています。奥歯の歯茎の下を切開して、出っ張ったエラの骨と余分な筋肉を削りますので、女性の方は、小顔になったと喜ぶ声もあります。一度やると半永久な効果もえられます。ただエラ削りを行うことは、手術になるので、大型のものでは2、3日は入院ということになります。手術するときには、全身麻酔になります。口の中からの手術が多いので、外見にはわからないようになっているので、そこは、安心出来ます。リスクもあり、その部分が腫れたり、知覚麻痺が起こったりするので、それなりの覚悟が必要です。プランによって一気に削ったり、少しずつ削ることも出来ます。