エラ削りを行ってみよう

自分の体にコンプレックスを持たれているという方は沢山いらっしゃると思われます。そしてこのコンプレックスというも […]

自分の体にコンプレックスを持たれているという方は沢山いらっしゃると思われます。そしてこのコンプレックスというものをなくしたいという方がいらっしゃるのであれば、手術を施し、コンプレックスをなくしてみられるといいかもしれません。そしてコンプレックスのひとつとして顔の横、あごの部分であるエラにコンプレックスを持たれているという方もいらっしゃるはずです。このエラが大きければ、顔が大きく見えてしまったり、顔の形なども気になってこられるでしょう。そこでもしもそういったものをなくしていきたいのであれば、エラ削りを行ってみられるといいかもしれません。メリットとしてはエラがなくなることが挙げられますが、デメリットとして、少しだけキズが残ってしまうということもありますので、しっかりと考えて行ってみられるといいのではないでしょうか。

骨格の影響を無くすエラ削り

小顔が流行っている現在、写真を撮るにもどのように顔を小さく見せるか、その対策がインターネット上でも話題になっています。そのくらい、顔の大きさに対する影響は大きく、写真写りにも当然影響してきます。しかし、骨格上痩せても小顔にならないこともあります。特に頬骨付近にあるエラが張っていた場合、腫れているようにも見え、顔がより大きく見えます。しかし、骨の影響ですから痩せても小顔になることはなく、どうすることもできません。役に立つのはエラ削りという方法です。その名の通り、エラを削る美容整形のことです。エラを削るにはメスを入れ、エラの骨を削り取っていきます。美容整形のため、医師に相談し、医師の手によって行われなければなりません。面倒に感じる人もいますが、これを行えば自分ではできなかった小顔を手に入れることが出来るため、お勧めです。

美容に影響するエラ削り

顔が小さいと色々と得をします。特に集団で写真を撮る際や一人で自撮りをする時、顔が小さいと写っている人や物が映えるだけではなく自分自身も美人に見えるため、どのように小顔に見せるか、大切になってきます。また、インターネットでは顔を小さく見せる方法などが数多く載せられているため、それを利用して顔を小さく見せるという方法もあります。しかし、根本的に小顔を目指すということも出来ます。顔を大きくしている原因の一つとして、エラが張っているということが挙げられます。エラは頬骨のところにあるもので、これが張っていると顔が大きくなります。また、骨が張っているため根本的に小さく治すにはエラ削りという方法が最も効果的です。エラ削りは美容整形外科で行われ、骨を削り取ることによって成功します。これにより、もとから顔を小さくすることが出来ます。