美容整形でエラ削りする前に

美容整形でエラを削ってもらういわゆる、エラ削りですが。どういう人が利用するのでしょう。勿論、エラが張っている人 […]

美容整形でエラを削ってもらういわゆる、エラ削りですが。どういう人が利用するのでしょう。勿論、エラが張っている人でしょうが。そういう人も色々な悩みがあるようです。というのも、エラが張っているといかつい顔になってしまうからです。確かに人間、顔じゃないといっても女性の場合、かなり気になってしまいます。しかも、美人の条件は小顔なわけです。そこで小顔になりたいならやはり出っ張ったエラをなんとかしたいはずです。で、いっそのこと、エラ骨を削ったらと考えたわけです。勿論、それは整形外科の仕事です。ただ、エラを削ってもらうと費用もかかり、さらに外科手術なので体に負担がかかってしまいます。なので、実際にやってもらうのならよく医師と相談した方がよさそうです。なんでも、専門の医師の話ではエラが張っているのは何もエラ骨のせいだけではないからです。単に筋肉が発達しているだけかもしれません。もし、そうだったら別な方法で小顔になれるかもしれません。

傷跡が残らないエラ削り

エラが張っていることを悩む人は、美容整形で治すことが出来ます。治療方法としては、ボトックス注射や、エラ削りなどの方法があります。ボトックス注射は、注射することにより咬筋の動きを抑制し、エラの張りを治し、小顔にします。ボトックス注射の効果は、半年から1年程度続きます。手軽に出来る美容整形として、まずボトックス注射を選択する人も多くいます。エラ削りは、手術によって、顎の周辺の骨と筋肉を削りとり、小顔にします。骨が出ていることが主に原因となってエラが張っている場合に、非常に効果が期待出来るという手術方法です。術後、1ヵ月程度は痛みや腫れが続く人が多いようです。術前には理想のフェイスラインにするためのカウンセリングが行われます。手術というと、傷跡が気になる人もいるかもしれんせんが、エラ削りは口の中から行うので、表面に傷が残る心配はありません。

エラ削りでフェイスラインを整える事が可能です

フェイスラインをシャープにしたいと考えていても、エステやセルフマッサージを行っていても改善できない方もいます。これは根本的に顔の肉などが原因ではなく、エラがはっているからです。エラがある事で、角ばったフェイスラインになってしまい、柔らかい印象を持たれない為、きつい印象を持たれてしまいます。このような悩みを抱えているのなら、まず専門的な美容整形外科へ相談します。担当医師がしっかりとしたカウンセリングを行い、最も良い方法をアドバイスして治療を行ってくれます。エラがはっている場合、根本的な治療を行うのならエラ削りです。具体的な治療内容は、エラの骨を削ります。顔にメスを入れるというイメージが強いですが、口の中の奥歯の方から治療を行いますので、目立った傷は残る事はないです。効果も原因となっている骨を削るので、一生涯と言う部分も魅力的な治療法です。